根管治療|東村山・久米川・秋津の歯医者なら、つるまち歯科医院

つるまち歯科医院

東京都東村山市青葉町2丁目10-8

  • 0423983901

    月火木金
    9:30-12:30 / 14:00-19:00
    9:30-12:30 / 14:00-16:30
  • メールからのお問合せ

根管治療

経験豊富な歯科医師による歯の根の治療

根管治療とはリーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染した神経や歯質を除去する治療です。
しかし根管の形態は複雑で、完全に細菌を取り除くことが非常に難しく時間と手間がかかります。また根管治療には正確さも必要です。
そのため当院ではまず、デジタルレントゲンにて歯の深部まで撮影して状態を把握し、歯科用スコープで歯の根っこを拡大しながら治療をおこなっています。手先の細やかな作業が要求されるため、30分以上かけてじっくりと慎重に治療をおこない、治療の最後には根管充填剤を入れ、レントゲンで再度、状態を確認しています。
ご高齢になればなるほど、神経を抜いた歯も増えてきて、その歯が再び悪くなると神経がないため初期には痛みが無く、なかなか気づかないものです。痛みや腫れが出るとかなり状態が悪くなっており、歯を抜かなければならないケースも出てきます。そうなる前に、昔治療したまま歯磨きを怠っている方や、たまに違和感があるけれどそのままにしている方などは、一度歯科にかかり、状態を確認されることをお勧めします。

徹底的な根管治療

一度の治療でその後の「安心」を提供するために

根管治療は「歯を残すためのぎりぎりの治療」でもあります。そのため、ていねいにしっかりと時間をかけて治療することが必要なのです。もし適切な治療が施されていない歯にかぶせ物を入れても長持ちはしません。
当院の鶴町院長は、大学卒業後に複数の歯科医院で根管治療の技術を学び、これまでも数多くの治療実績を持っています。
一度の治療で安心を提供するために、神経を使いながら時間をかけた治療を提供しています。

もしも異常を感じたら受診を

根管治療が必要となるのは「虫歯なのに長期間治療せずに進行させてしまった」、「一度治療した歯が再び悪くなった」のいずれかが多いのです。
そのため、細菌を繁殖させないようしっかりと不要な組織を取り除くことなどが必要で、とても10~15分で終わる治療ではありません。
また「いつも特定の歯が痛む」や「食事のときに違和感がある」、「口元が腫れる」などの症状があれば、根管に細菌が繁殖して炎症を起こしている可能性があります。

ページトップへ戻る